中村 春作/編 -- 勉誠出版 -- 2008.10 -- 811.25

所蔵

所蔵は 1 件です。現在の予約件数は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
県図 2階開架 /811.2/ナ/ 0118483221 一般 貸出可 在庫

資料詳細

タイトル 「訓読」論
副書名 東アジア漢文世界と日本語
著者 中村 春作 /編, 市來 津由彦 /編, 田尻 祐一郎 /編, 前田 勉 /編  
出版者 勉誠出版
出版年 2008.10
ページ数 6,338,18p
大きさ 22cm
一般件名 訓点
NDC分類(9版) 811.25
NDC分類(10版) 811.25
内容紹介 「訓読」という異文化理解の方法を再考し、日本の伝統文化形成、日本人の「知」の問題として位置づける。また、「訓読」を東アジア世界の文化交渉から見つめ直し、漢字・漢文文化圏の成立などを論じる。
ISBN 4-585-03184-0

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
なぜ、いま「訓読」論か 中村 春作/著 1-13
「訓読」の思想史 中村 春作/著 17-48
近代における「漢文直読」論の由緒と行方 陶 徳民/著 49-85
ピジン・クレオール語としての「訓読」 高津 孝/著 87-104
ベトナムの「訓読」と日本の「訓読」 岩月 純一/著 105-119
日本における訓点資料の展開 沼本 克明/著 123-150
近世における漢文訓読法の変遷と一斎点 齋藤 文俊/著 151-170
漢文訓読体と敬語 前田 勉/著 171-200
国語施策と訓点語学 山東 功/著 201-218
〈訓読〉問題と古文辞学 田尻 祐一郎/著 221-260
表現文法の代用品としての漢文訓読 加藤 徹/著 261-275
日本漢文の訓読とその将来 小島 毅/著 277-293
漢文訓読の現象学 市來 津由彦/著 295-332